Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

about

小説書きアルマイトの気まぐれな日記帳です。



執筆作品一覧



時たま楽曲制作もしています。




「パスタなら作れます」
一次創作文芸サークルにて活動中。
作品執筆、装丁デザイン、広告制作担当。
twitter @makepasta4
サークル連絡先 makepasta4@gmail.com

「味のないマテリア」
一次創作文藝サークル(ソロ)でも活動中。

2016.11.23 東京文学フリマ B-55 味のないマテリア

上記の通りです。参加します。
普段はパスタなら作れますでのんびり麺を茹でている僕ですが、今回は一人です。
メンバーは賑やかしに来るんだか来ないんだか…。
年始めに「ナインスコードのイエスタデイ」の製本を断念してから、リベンジしたかったので、年内に一本書き下ろせて良かったです。
次回からまた麺作りに戻るので、次があるかは微妙です。
アルマイトをまるごと絞って作りました。手にとって読んでもらえるよう当日も頑張ります。


試し読みを作りました。是非
「フィリップ・ヨハンソンに捧ぐ」試し読み


PS.
黒い子くんの単色スペクトルにも一本寄稿しました。
シャンディガフをテーマに書いた話「グッバイ・メリー」が収録されていますので、是非そちらもよろしくお願いします。

フィリップ・ヨハンソンと僕

 どこかで出そうとぼんやりと思っていた個人本を出す目処が立ちました。

 思えばパスタなら作れますを始めてもうすぐ二年。あいにく今年のパスつくでの活動は終わっていて、来年の5月になってしまう。あのサークルでの活動はなくならないです。別に僕も抜けるわけじゃないし。

 色んなことをやって、自分ってどこまでを一人でできるのかを試してみたいって気持ちを形にしてみたのが、今回の作品です。
 手探りで始めたサークル活動、表紙デザイン、文章組、入稿から頒布。これまでの流れをおさらいするような、道筋をなぞるような感覚で今作業をしています。(実際のところ、推敲作業時に感想を貰っているので、完全に一人ではないのだけれど)

 新都社では原作付でのノベライズ、パスつくでは四人で一つを形に。酒アンソロでも色んな面を補いながらと、思えばここ1年、誰かと一緒という中で作業をしていて、どれだけその状態がやりやすかったのかを実感したというか……。得手不得手を補ってもらえることに結構甘えてたんだなーと思いました。
 それだけでも、今回味のないマテリアというたった一人のサークルで出た意味があるのかな、なんて。


 さて、そんな個人本ですが、フィリップ・ヨハンソンという名前を軸にした物語になっています。(ネタバレはありません)
 珍しくタイトルが先にできていた物語です。
 ぼんやりとした構想はパスつく「シトリンの告白(潮騒とアーケード掲載)」を書き上げた頃にあったもので、更に言うと、もう一遍ちまちまと書き溜めている長編にも通ずる作品になっています。
 書きたい、というよりは書いておきたい、という不思議な感覚を味わった作品です。

 是非、文フリ東京に遊びに来てください。
 酒アンソロにグッバイ・メリーという短編も寄稿しました。どちらも手にとって、そして読んでもらえたらとても嬉しいです。

 では、また。

雪が降りましたね。
窓から外の景色を見て「うわぁ雪だぁー!!」って言ってベッドに飛び込んで布団にくるまってしまったわたしです。感動より寒さが勝ちました。寒さ強い。


そんなこんなで動画を二つアップしました。



去年の活動をまとめた動画が欲しいと思い、今丁度作っている個人的な楽曲のデモをくっつけて公開しました。
ちなみに2015年のPV制作はこれで終了です。既刊紹介もどうしようかな、という感じ。今年は今年で新刊や各々の個人本も出るだろうし、それによってですね。

そしてもう一本。



パスつく文庫としては一冊目。個人本としては三冊目。
顎男の「天に輝くものすべて敵」
表立ってではないのですが、裏方で制作のお手伝いをしていたこともあり、結構思い入れのある作品です。
顎の作品を本で読みたいという方は多かったので、良いきっかけになったかと思います。これから先、彼の作品が本で読める環境が整ったらと思っています。勿論、僕自身もそういう点で目指すべき場所なのですが。

楽曲の前者は元々あった曲を顎が気に入って採用、後者は描き下ろしです。
ちなみに映像、楽曲に関しては「どちらにも当てはまる」ようなイメージで作っているので、そのあたりも含め楽しんでいただけたら嬉しいです。

今年もパスつく含め、様々な活動の準備をしているので、陽の目を浴びるよう頑張りたいと思います。
ではでは。

転がる岩、君に朝が降る


2015年
一気に駆け抜けた一年でした。多分、これまで生きてきた中で一番駆け抜けた。
沢山環境が変わって、そのすべてがうまく転がって、新しい景色を見ることが出来た。
来年は、もっと知らない世界に触れたいです。

楽しんでいきましょう、2016年も。

では、良いお年を


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。